せんべいの基礎知識

いかから揚げせんべいの作り方


今回はから揚げの香ばしさと、いかのうま味が口いっぱいに広がるいかから揚げせんべいの作り方を紹介します。

いかから揚げせんべいを作る手順

おいしく仕上げるための洗浄


素材のイカを洗浄機で丁寧にぬめりやよごれを取り、さらに職人さんの手で1つ1つチェックして異物がないか確認していきます。

下味をつけたイカにでんぷんをまぶす


洗浄したイカに素材の旨みを引き出すためしっかりと下味を付けて、でんぷんをしっかり絡めます。でんぷんをまぶすことでイカを焼く際に水分が蒸発して小さくなりすぎたり、うま味が逃げることを防ぎます。

上下の鉄板で挟み焼き


約180度に熱した鉄板の上にイカ同士がくっつかないように均等に並べていきます。そのあと焼き釜の中に運ばれ、上からもう一枚の鉄板でおさえ約6分間じっくり挟み焼きにします。イカの大きさや厚み、弾力を考慮しながら火力や焼き時間を調節し、少し水分を残して仕上げていくのがポイントです。

焼き立てのいかから揚げせんべい


焼き釜から平らになったイカが出てきました。焼き立てのイカはうす味ですが、これから乾燥していくとだんだん味がなじんでいきます。

パリッという食感を出す乾燥


煎餅はパリッとした食感が命。挟み焼きされて平らになったイカはトンネル型の網の中を回転しながら移動します。網の中を回転することで乾燥とイカに付いた余分なでんぷんなどを落としていきます。

水分を一気に飛ばす揚げ作業


乾燥を終えたイカを巨大な揚げ機に入れます。いかから揚げ煎餅の揚げ時間は約1分40秒。おいしいおせんべいができ上がるにはその日の気温や湿度によって油の配合や微妙な温度調整が必要なのです。
揚げ機に入れたイカの上をローラーが回転して混ぜながら揚げれらます。混ぜることで油の温度が均一になり、こんがりとおいしい揚げ色が付きます。

いかから揚げせんべいの出来上がり


カラリと揚がった「いかから揚げせんべい」の完成です(^-^)
から揚げせんべいでは、他にたこから揚げせんべいの作り方や、から揚げせんべいを使ったレシピなども紹介していますので、ぜひご覧ください♪

から揚げせんべいを使ったレシピ(せんべいふりかけ)


から揚げせんべいを使ったふりかけレシピです(’v’*)v
レシピの記事はコチラ

コメント