贈り物の基礎知識

のし紙のマナー(紅白蝶結び)

日本の贈答品には、白い奉書紙(ほうしょがみ)を掛け、水引(みずひき)で結び、熨斗(のし)を付けます。これらを一枚の紙に印刷したものを「のし紙」と呼び、慶事に使用します。また、水引だけを印刷してあるものは、弔事やお見舞いに使用します。

慶弔事になると一般的に複雑なようですが、基本をおさえればカンタンに使い分けられる、のし紙について、今回は紅白蝶結びののし紙についてご紹介します。

紅白蝶結び

紅白蝶結びののし紙は、向かって右上に熨斗が印刷されています。水引は、5本、7本、9本の奇数を用いて、濃い色(赤)が右、薄い色(白)が左になるように結ばれており、ほどいても何度でも結べる形になるため、何度くり返してもよいことを祝う場合、出産、入学、長寿、お中元、お歳暮、記念品など、結婚以外の慶事で使用します。

紅白蝶結びののし紙の主な用途

  • 入学、長寿、出産
  • 新築、開店
  • お中元、お歳暮、お年賀
  • お祝い、お礼、粗品など

紅白蝶結びののし紙を付けたお煎餅のギフト商品(例)


越前海鮮倶楽部のお煎餅(ギフト商品)でものし紙をお付けすることができます。商品にのし紙を付けるご注文方法はコチラをご覧ください。
また、今回ご紹介した以外の用途など、さらに詳しいご質問などがございましたら、フリーダイヤル(0120-55-6671)、または、お問い合わせページまでご連絡ください。担当のオペレーターがお答えいたします。

コメント